日経ヘルスの記事から香里奈さんのゆがみ防止テクを紹介します。

One.

均整のとれたボディーの香里奈さんですが、
やはり放っておいても維持できるわけではなく、
ゆがみの防止対策やゆがみの始まりを感じたときのケアはかかさないそうです。


どんなひとでも維持の努力は必要さということですね。

香里奈さんのことば

ゆがみは身体全身に広がるので早い発見とケアが大切。

左右のバランスが崩れかけたときには、意識的にあまり重心をかけていなかった方へ。
いすで脚を組む場合も組み替えます。

筋肉のこわばりはゆがみの原因になります。
バレエを10年間やっていた経験から、柔軟性は意識しています。
今も毎日ストレッチ。
時間がなくても、床に腰を降ろして開脚したまま歯を磨いたりします。

身体の固い人におすすめなのは、
床に腰を降ろして壁に向かって開脚して、すこしずつ壁に近づいていく方法。

3ヶ月もすれば股関節がかなり柔らかくなります。
股関節は柔軟性の要です。

スリムレッグラボ